婦人科、不妊症、不育症の治療

不妊症

女性の社会進出と共に、晩婚化が進み、社会的ストレスも増加傾向にあります。そういった中で、子供を授かりたいが、なかなか授からないことに悩んでいらっしゃる方は多いようです。

 

不妊症とは、避妊をしない状態で夫婦生活を送り、1年経っても妊娠が成立しない状態と言われています。しかし一言に不妊症と言っても、その成因は器質的なものから機能的なものまで様々です。一般に、鍼灸で適応となるのは、機能的不妊症です。器質的な不妊症であっても、治療の補助となる場合もあります。

 

鍼灸治療をすると、ホルモン分泌が良くなります。ホルモンの分泌は、脳の視床下部という所がコントロールしています。私たちの身体は各器官に適した量のホルモンが分泌される事で、恒常性を保とうとしています。視床下部から卵巣系に至るまでのホルモンの分泌異常は、卵の成熟や子宮内膜の厚さに影響してきます。しかし継続的な感情ストレスの影響で、自律神経のバランスが崩れてしまい、ホルモンの分泌低下につながると共に、血管も収縮しやすい状態となります。ホルモンは血液によって運ばれますので、血流をよくするのは、各器官が活発に働く上で大切なこととなります。不妊鍼灸を行う上で、自律神経の調整と血流改善は大切なことと考えます。

 

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に合わせて、ホルモンの分泌状態は変わります。ですので、治療をする場合には、それぞれのタイミングに合わせた方針も大切になっていきます。

 

また、鍼灸治療で体調を整えることは、高度生殖医療(体外受精(IVF)や人工授精(AIH)や顕微授精(ICSI))での確率を上げることにもつながります。当院にお越しの不妊治療中の方々の多くは、高度生殖医療を併用されています。採卵の時期、移植の時期など、状況に応じた治療方針が効果的になります。

 

卵の質を高めること、子宮の環境を良くすること(内膜の厚さと質)、ホルモンの分泌を整えること、以上が不妊治療における鍼灸の役割となります。更に、お一人お一人のこれまでの経緯などを知ることがお身体の状況(心理的、社会的背景も含め)を把握することにもつながり、それに即した治療ができる事も鍼灸の役割となります。

これはNBM(Narrative-based Medicine)とも呼ばれ、EBM(Evidence-based Medicine)のように根拠に基づいた医療と併せてNBMのように全人的にアプローチをしていくことは、最も理想的な医療の形と考えます。

 

 

更年期障害

更年期はだいたい45~55歳くらいの間とされており、卵巣機能が衰退し始めてから消失するまでの時期となります。

卵巣機能が衰退すると、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。

脳は、この卵胞ホルモンの分泌を促す為に卵胞刺激ホルモン(FSH)の量を増加させます。

このように脳-卵巣系に顕著な変化が起こるため、種々の自律神経失調症が見られることがあります。

また、取り巻いている社会的要因や心理的要因も自律神経症状を増強させると言われています。

 

出現する症状には個人差がありますが、主に肩こりやのぼせ、ほてり、頭痛、うつ傾向などがあります。

 

鍼灸治療は、体がホルモンの変化に順応できるよう調節することと、症状に応じた治療をしていくことになります。

 

 

産後ケア

妊娠・出産によってもたらされた母体の体の変化が、妊娠前の体の状態に戻る過程の中で、また育児のための母体変化の中で、様々なトラブルを起こしやすくなります。

 

後陣痛…子宮体部が妊娠前の大きさまで戻る際に、強い子宮の筋肉の収縮が起こります。

個人差はありますが、その時に感じる痛みを後陣痛と言います。

子宮筋の収縮にはオキシトシンというホルモンが関係します。

このオキシトシンというホルモンは、赤ちゃんが乳首を吸う刺激で、反射的に母乳を分泌する、という母体の「射乳反射」に関わるホルモンです。

よって、授乳の際に強く感じることがあります。

子宮が元の大きさに戻るのには、6~8週かかると言われていますが、後陣痛は分娩当日~翌日がピークで、人によっては3~4日まで続く方もいらっしゃいます。

 

乳汁分泌…出産によって乳汁の分泌抑制が取れ、上述したオキシトシンの分泌が増加すると共に、乳頭の筋肉は弛み、乳腺を取り囲む筋肉は収縮して母乳を押し出します。

しかし、時としてこの作用が上手くいかず、母乳が出にくい場合があります。

またなかなか胸が張ってこないという方もいらっしゃいます。

乳汁分泌しないとおっしゃった方で、乳房の周囲に軽く鍼をすると、体の生体反応が起こり、その場で乳汁が分泌したというケースもあります。

上記に挙げた症状は、私が京都での勤務時代に、産婦人科で産後ケアの鍼治療をしている際に非常に多かった症状です。その他、帝王切開後の術後疼痛、分娩後の筋肉痛、腰痛、下肢の浮腫み…などがあります。

また産後のトラブルだけでなく育児をするようになると、抱っこ姿勢による肩凝り、腱鞘炎…といった症状も出現しやすいようです。

 

 

症例報告

多嚢胞性卵巣症候群を経ての妊娠報告

初診時33歳。女性。不妊治療歴7年。

薬で調整しながらタイミング療法1年。その後人工授精8~10回。全て陰性。

体外受精にステップアップをするが、採卵5個中1つの受精卵を新鮮胚移植するが陰性。

卵巣が腫れてしまい治療中断している状態で来院。

 

卵子の質を向上させることを目的に鍼灸治療。

4~5日間隔での治療。

鍼灸治療開始から3カ月目、体外受精再開。採卵3個で、受精後5日目での受精卵は4A1つ、3A2つ。そのうち4Aの胚盤胞を移植し、軽度OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が認められるも、めでたくご懐妊。

 

 

良好胚が出来にくい方の自然妊娠

初診時39歳。女性。不妊治療歴3年。

原因不明。基礎体温では高温が分かりにくい。精液検査は良好。

これまでAIH(人工授精)6回、採卵6回、移植3回。採卵は毎回6個以上であるが、培養で胚盤胞まで至ったのは最初の1回のみ。あとは分割胚で移植。全て陰性。

 

自律神経調整に合わせて、卵質向上を目指して鍼灸治療を開始。遠方からお越しなので、週に1回のペースで来院してもらう。

鍼灸治療を開始して、翌周期には薬無しで高温期が鮮明だったとのこと。

翌周期採卵9個、受精8個、凍結は不可のためその内一番良好な分割胚を移植するが陰性。

翌周期採卵3個。分割せず、移植不可。

その後転院。転院先の病院が予約3か月待ちのため、その間鍼灸治療とタイミングを取ることにする。

この状態で自然妊娠。鍼灸治療開始から6か月。治療回数26回。

この方は、転院先が関西方面で遠方であったことと、そこでの治療方法がより複雑なものになる予定だったので、通院による交通費や治療費の負担からも解放され、大変喜ばれた。

 

 

妊娠継続が困難であった方

初診時28歳。女性。不妊治療歴2年7か月。

採卵2回。移植2回のうち、2回とも生化学的妊娠(化学的流産)。凍結卵1個。この凍結卵の移植に備えての鍼灸治療を希望。

子宮環境を整えるための鍼灸治療と、施術後に火を使わない簡易的なお灸を腹部と仙骨部に貼る。

凍結卵移植後、妊娠反応陽性。胎嚢、心拍確認するが、8週目で心拍が停止。

採卵に向けて鍼灸治療再開。

採卵20個。受精16個。うち胚盤胞到達10個。全て凍結。これまでにない採卵成績だったとのこと。

凍結胚移植まで、移植に備えた鍼灸治療。鍼灸治療日以外は特定のツボに自宅施灸をしてもらう。また、鍼灸施術後には免疫寛容(免疫作用で受精卵を排除してしまわないよう)目的で足と臀部のツボにパイオネックスを貼付。

その後凍結胚移植で妊娠反応陽性。12週まで鍼灸治療継続。無事女児出産。

遠方からであったが、採卵前、移植前後には3~4日毎、それ以外でも週に1度のペースで鍼灸治療開始から7か月でご卒業。治療回数28回。

妊娠が継続できないケースは、多々ある。胚の染色体異常のため分割・発育がストップする場合、免疫反応として胚を排除してしまおうとする場合、もともと良好胚を選別する機能のある子宮脱落膜が不良胚までも着床に導いてしまう場合…。この方は、卵質の向上を目指すよりも、妊娠における子宮の形質変化を手助けする治療が必要となると考えた。

 

 

子宮筋腫と卵巣のう腫併発による月経痛

初診時40歳。21歳頃から発症。

ホルモン療法をするが薬を止めると反動で痛みがきつくなる。

手術はしたくない。出産の予定はない。

関東で自律神経免疫療法をして経過は良かったが、引っ越しのため通院不可能となる。

生理3日目くらいから寝込んでいることが多い。

右側に拳半分大のもの、左側にゴルフボール大のものが容易に触知できる状態。

自律神経を整えることでホルモン調節をしていきながら、鍼治療をしていく。

 

治療間隔は週一回とする。治療開始は生理4日目。

翌周期にはいつもより痛みが半減。この状態が治療開始から3周期目まで続く。

4周期目からは更に痛みが軽減。8週期目である現在も治療継続中であるが、時々痛いという程度にまで軽減し、生理中も寝込むことなく家事をこなせている。

 

 

生理不順

初診時43歳。出産歴は16年前。

二年前から急に生理が止まり、体重も増え始めた。

ホルモン補充で生理を起こしている状態。自然に生理が来ることもある。

生理不順以外の愁訴は、ダイエット、肩こり、冷え、下肢静脈瘤、便秘症状。

ホルモンバランスを整えることと、代謝を上げるよう自律神経にも治療のポイントを置く。

また、ダイエットの為、耳ツボ療法も加える。

来院時生理27日目。以後33日目、38日目に来院されるが生理が来ていない。

その後仕事の都合が合わなくて来院されていなかったが、その4ヶ月後来院。

前回以後生理が自然に来るようになっているとのこと。再診はダイエット目的で来院された。